未払い残業代や不当解雇の相談は弁護士へ~その道のプロ~

女の人

サービス残業とは

案内

残業をしたにもかかわらず、その分の賃金が支払われないこと、文字通り残業がサービスで働くことになってしまっていることを、サービス残業と言います。そこで、労働に関する相談は弁護士に依頼すると良いでしょう。

きちんともらえる

弁護士

毎日毎日サービス残業しているのに、一向に支払われる気配がない…未払い残業代がかさんでいく…。
でも、社会人なんてこんなもの、社会では未払い残業代なんて当たり前、もらえるわけがないものだ…そう諦めてしまってはいないでしょうか。
確かに、サービス残業が当たり前、未払い残業代なんて言葉を口にする人は誰もいない、そんなことが自然になってしまっている会社も、まだまだ多いです。
ですが、未払い残業代は決してもらえないものではありません。寧ろ払われて然るべきものとさえ言えます。
なのに支払われない…という時は自ら立ち上がり、支払ってもらうよう行動を起こさないと、悲しいことに勝手に変化が起こるようなことはありません。
また、本気で支払ってもらおうと思うと、個人で立ち上がっても中々結果が出ないことも。ですから、こういったトラブルのプロ、弁護士に間に入ってもらうのが一番スマートな形になると言えるでしょう。
弁護士に頼むってちょっと大げさすぎる…と思うかもしれませんが、こういうことだからこそ弁護士に頼むべきです。中には未払い残業代だけでなく不当解雇をされたという人もいます。最近では企業からの一方的な解雇をされることが、社会問題のひとつになっています。もしも、不当解雇をされた時には、弁護士に相談すると効果的といえます。とはいえ、何も知らないままに弁護士に相談するのは些か早計というもの。事前にもう少し、未払い残業代を請求するにあたって知っておくべきことを頭に入れておきましょう。

なぜ未払いになる

男の人

サービス残業の支払いの請求は、個人でするのではなく弁護士に頼めば大体スムーズにことが運びます。弁護士は行政上の手続きも手馴れていますし、法律に関してもプロフェッショナルですから、相談することが有効的な手段といえます。

払ってもらうためには

天秤と女神の像

未払い残業代を支払ってもらうための方法は、大きく分けて二つです。弁護士を通して務めている会社などに支払い請求を行うものと、裁判所を通して法的手段を使って労働審判をする方法です。